3時間無料対面カウンセリングを行っています。無料カウンセリング予約フォームでお申し込みください。ボタン

ストレスや精神的症状を自己式質問用紙と評価尺度テストで無料測定

目次

今すぐできる精神症状・障害の評価や尺度などセルフチェックができる16種類の無料測定は生きづらさの原因が見つかります。

ストレスや精神疾患の症状は、必ずしも心理テストや評価、尺度チェックやスケールで明らかになるものではありませんが、おおよその見当をつけるためと日々の精神状態をチェックする役割として重要となります。
その他、日常で気になる繊細・神経質・内向性などを測るHSP診断テスト、交流分析診断・エコグラム改善テスト、職場のストレスチェック、性格診断テストなども無料で受けられます。

※3時間無料対面メンタルケアサービスでの心理評価や尺度は、webサイト掲載の無料利用できるチェックリストとなります。

心理評価・尺度スケールの種類

PTSD評価表
ストレス耐性チェック
社交不安障害評価
抑うつ症状尺度
スキーマ質問用紙
パニック障害テスト
簡易抑うつ症状テスト軽症うつ病テストストレス耐性テスト
ストレス状態テスト神経質度テスト心配性度テスト
社会不安障害診断パニック障害診断強迫性障害診断
ADHD診断認知症診断PTSD診断
エゴグラム交流分析性格診断テストYG性格検査

自己記入式質問票と評価者の面接による評価尺度の考察

精神、心理領域の症状は、画像検査や血液検査のような測定方法では診断や評価ができません。そのことは精神症状や重症度がわからず、当てはまる治療薬を処方することも困難となります。そこで診察に加えセラピストの見立が重要となりますが、症状の有無や重症度を測定するために、自己記入式質問票と評価者の面接による評価尺度の2つの形式の使用が適正な症状の判断に近づけることができます。自己記入式質問票、面接による評価尺度とセラピストの見立て3点が揃うことが大切です。
評価尺度には症状の特徴を特定する診断項目と重症度の段階的症状で構成されており、主に評価者の得点で判定できるようになっています。
自己記入式質問用紙は記入後の用紙回収だけで判定しますので、この時の問題は記入者のバイアスが入ってしまうことです。社会的に望ましい回答や自己の理想、また、症状を悪く見せるなど適当に記入することもあります。そこで、評価者(セラピスト)の評価による尺度を重ね合わせ、クライエントの表情や姿勢なども読み取ることが必要となります。
このようにクライエントの回答に信頼性を高めるためにも、評価者(セラピスト)に対してクライエントが安心感や信頼感を抱いてもらったうえで、納得できる説明など測定の前段階の環境を整えることに努めています。

※メンタルケア対面3時間無料サービスでは、診療費や測定費用を一切いただくことはありません。

今すぐできる18種類の無料心理評価・セルフチェック

パーソナリティ症のグレーゾーンチェックリスト

パーソナリティ障害のセルフチェックリストは、専門的な診断ではなく、一般的な傾向を評価する手段としてのみ使用する一例です。当てはまる質問を選択してください。

HSP

エレイン・N・アーロン博士のHSPを評価するための代表的な尺度と診断テストです。

うつ症状

うつ症状の自己評価尺度と簡易抑うつ症状尺度の2種類で重症度の自己評価ができます。

不適応的スキーマ

不適応的スキーマは生きづらさを起こす無意識の信念・価値観・ルールです。出来事や状況を不適応的な思い込みや偏りで捉える思考に影響を与えます。90の質問用紙よって自己のスキーマの見当をつけてみます。

毒親傾向

毒親傾向やナルシシズムのメンタル研究室考案の88個のチェックリストです。子供に対してだけでなく、対人や社会に対しての評価も含めたとても強烈な毒親チェックリストですが、親の傾向として当てはまると感じたらチェックしてください。

認知バイアス

自己の心理的認知バイアス・歪みがわかる!110のバイアス質問による自己評価チェックリストです。

自己肯定感

自己肯定感を評価するための簡単なチェックリストです。一般的な自己肯定感の要素を評価するためのチェックリストの例です。9問と19問のチェックリストを紹介します。

ストレス耐性

質問項目に当てはまるレベルを選択します。その後、認知の見直しをすることでストレスの改善が進みます。

パニック症

パニック障害の重症度評価尺度は臨床者が面接形式で行うパニック障害(広場恐怖が伴う場合も可能)の中核的特徴を評価する7項目の質問となっています。臨床者が患者に対して行う質問例はありますが、必須的なものではなく臨床者が問診したうえで、過去の1か月以内の評価対象とし患者に合わせながら専門的な見解で自由に質問していく形式です。

強迫症

強迫症/強迫性障害の質問用紙・評価スケールでわかることは重症度だけではなく、強迫症のタイプや制御力、症状との付き合い方を見つめることができます。

社交不安

社交不安症の診断・評価スケールです。最近、あなたが感じていた様子「人前で電話をかける」~「強引なセールスマンの誘いに抵抗する」までの24項目を質問しますので、最もよく当てはまる番号を、項目ごとに1つだけ選んで記入する方式です。

孤独や寂しさを感じているかどうかを自己チェックするために、次の質問に自分自身で答えてみてください。

孤独感

孤独や寂しさを感じているかの18問の簡易セルフチェックリストです。

ひきこもり度

ひきこもり度に関するチェックリストは個々の状況によって異なりますが、一般的な30項目の例です。

PTSD

心的外傷性ストレス症状を測定するための自記式22の質問用紙です。

ADHD

大人の発達障害のADHD「注意欠如症状群」「多動症状群」「制御の困難さ症状群」についての評価・セルフチェック90問の項目となります。

ASD

大人の発達障害の自閉スペクトラム症についての評価・セルフチェックの項目77問となります。

知的発達症

発達障害の自閉症スペクトラム症についての評価・セルフチェックの項目となります。少なくとも過去1年間におけるあなたの感じ方や行動について、当てはまる項目を選んでください。正確な診断には専門家の評価が必要です。

パーソナリティ症

次のパーソナリティ症の症状79の質問の項目を読み、普段の自分に当てはまるか当てはまらないかを選び〇印をつけてください。

目次