3時間無料対面カウンセリングを行っています。無料カウンセリング予約フォームでお申し込みください。ボタン

男性の更年期障害「アンドロポーズ」とは

目次

男性の更年期障害は「アンドロポーズ」と呼び、医学的には「LOH(ロー)症候群」と表現し、中高年の男性ホルモンの変動低下を指します。

「男性の更年期障害」は、一般的に「アンドロポーズ」とも呼ばれ、男性の中高年期において生じる生理学的な変化や心理的な症状を指します。これは女性の更年期障害に類似しているとされていますが、男性ホルモンであるテストステロンの減少が主な原因です。ただし、女性の更年期障害とは異なり、男性には生理的な終了点が明確ではないため、「更年期」の用語は正確な表現ではありません。的確に表現するならば「中年以降の男性におけるホルモンの変動」と呼ぶことになります。

医学的には「LOH(late onset hypogonadism ロー)症候群」(加齢男性性腺機能低下症候群)が病名となります。

男性の更年期障害は、男性の80〜90%が知らないと回答しているように、一般的には女性の更年期障害ほど広く認知されていませんが、その存在は確かなもので、診断や治療は医師の相談と専門的な検査が必要です。また、ライフスタイルの変更やホルモン補充療法などが治療の一環として考慮されています。

「アンドロポーズ」は、ギリシャ語の「andrós」(男性)と「pausis」(停止)から派生しています。この言葉の構成要素からわかるように、「アンドロポーズ」は男性における生殖機能の減退やホルモンの変化に関連した現象を指しています。この用語が広まった背景には、女性の更年期障害に対する言葉である「クライマクス」に対比して、男性の同様の状態を表現する必要性があったと考えられています。
しかし、医学的に正確な用語としては、「LOH(Late Onset Hypogonadism)症候群」や「加齢男性性腺機能低下症候群」といった表現が一般的です。これらの用語は、男性の性腺(精巣)機能が年齢とともに低下し、それに伴うテストステロンなどのホルモンの減少が生じる状態を指します。LOHはより医学的で特定の症状や検査結果に基づく診断を示唆しています。
「アンドロポーズ」は、「男性の更年期障害」の表現よりも一般的に知られていなく、時にメディアで使用される程度です。ただし、アメリカでは患者数が400万人を超えていることからも頻繁に使用される言葉となっています。日本では、医学的な専門用語としての「LOH」が研究や診療の文脈で主に使用されています。

アンドロポーズ(男性の更年期障害)
40代以上の6人に1人は男性のアンドロポーズの可能性あり
可能性
アンドロポーズを男性の80〜90%は知らないと回答
知っている
朝と夜の唾液中のテストステロンの変動
起床後・朝のテストステロンの量

男性の更年期障害に関連する主な側面や症状

ホルモンの変動

中年以降、男性ホルモンであるテストステロンが徐々に減少が始まります。この減少は個人差がありますが、一般的には40代から50代にかけて進行します。低テストステロンは性欲の低下、筋肉量の減少、骨密度の低下などを引き起こす可能性があります。

性的な問題

テストステロンの減少により、性欲が低下し、勃起障害や射精の困難さなどを発生する可能性があります。また、性的な満足度や自己評価に影響を与えることもあります。

身体的な変化

テストステロンの低下は筋肉量の減少や内臓脂肪増加、エネルギーの低下などの身体的な変化を引き起こすことがあります。その他、認知機能の低下、骨粗鬆症、心血管疾患、インスリン抵抗性の悪化、HDLの低下などがあります。

精神的な症状

更年期障害には精神的な影響も見られます。イライラ、怒りっぽさ、うつ症状、不安感、集中力の低下などが報告されています。

睡眠障害

ホルモンの変動は睡眠にも影響を及ぼす可能性があり、不眠症や睡眠の浅さが起こることがあります。

男性の更年期障害・アンドロポーズ の疫学

男性の更年期障害・アンドロポーズの疫学については、まだ研究が進行中であり、正確な統計は得られていない部分があります。ただし、いくつかの研究や報告から、男性のホルモンレベルの変動や関連する症状についての情報が得られています。

アンドロポーズの疫学

年齢分布

男性のテストステロンレベルは、40代から50代にかけて徐々に低下し始めます。これに伴い、関連する症状が現れることが一般的です。しかし、具体的な年齢においてアンドロポーズが始まるかについては一定の疫学がありません。

発生率

男性の更年期障害の正確な発生率は不確かであり、研究によって異なります。一部の報告では、中年から高齢の男性の高い割合で何らかの形でアンドロポーズの症状に影響を受けるとされています。
※40代以上の6人に1人はアンドロポーズの可能性があります。

症状の程度と変動

アンドロポーズの症状は個人差が大きく、一般的には軽度から中程度のものが多いとされています。重症な症状を経験する男性もいますが、全体的な影響の程度はさまざまです。

地域差

文化や生活環境、遺伝的な要因などが影響を与える可能性があり、地域ごとに発生率や症状の顕著さが異なることが報告されています。

疫学的な研究は今も進行中であり、将来的な研究によりより正確な情報が得られることが期待されています。男性の更年期障害は、個別の症状や症状の程度が多様であるため、個々のケースに対して適切なアプローチを見つけるためには、患者と医師とのコミュニケーションが重要です。

アンドロポーズ の臨床症状

男性の更年期障害(アンドロポーズ)にはさまざまな精神的および身体的な症状が関連しています。一般的に報告される臨床症状が個別に現れる場合もありますし、同時に複数の症状が一緒に出現することもあります。男性の更年期障害に関連する症状が生活に与える影響は個人差が大きいため、症状の程度や治療の必要性は個々の患者に合わせて考慮されるべきです。次は一般的に報告される臨床症状のいくつかです。

精神的な症状

  • イライラと怒りっぽさ
    • ホルモンの変動により、感情のコントロールが難しくなり、イライラや怒りっぽさが増加することがあります。
  • うつ症状
    • 気分の落ち込み、不安、無気力感、悲観的な考えが現れることがあります。これはホルモンの変動が精神的な側面にも影響を与える可能性があるためです。
  • 不安感
    • 不安感や焦燥感が増加し、過度な心配や神経質さが現れることがあります。
  • 集中力の低下
    • 集中力、注意力の散漫さや記憶力の低下、思考のまとまりにくさが報告されることがあります。
  • 睡眠障害
    • 不眠症や睡眠の浅さが発生することがあり、これがさらに精神的な症状を悪化させることがあります。

身体的な症状

  • 性的な問題
    • 性欲の低下、勃起障害、射精の問題が現れることがあります。
  • 筋肉量の減少
    • テストステロンの低下に伴い、筋肉量が減少します。これが体力の低下や身体のだるさと関連していることがあります。
  • 脂肪増加
    • 体脂肪の増加や体重の変動が見られることがあります。
  • 骨密度の低下
    • テストステロンの減少が骨密度の低下を引き起こし、骨折のリスクが増加することがあります。
  • 全身倦怠感
    疲労感やエネルギーの低下が報告されることがあります。
  • その他
    頭痛やめまい、耳鳴り、異常多感やほてり、頻尿などを経験します。
精神的な症状
身体的な症状
  • イライラと怒りっぽさ
  • うつ症状
  • 不安感
  • 集中力の低下
  • 睡眠障害
  • 性的な問題
  • 筋肉量の減少
  • 脂肪増加
  • 骨密度の低下
  • 全身倦怠感

アンドロポーズ の分類・検査・診断

男性の更年期障害(アンドロポーズ)の分類、検査、および診断については、現在も研究が進行中であり、明確な標準が確立されているわけではありません。一般的には、症状の出現や検査結果に基づいて診断が行われます。

一般的に行われる分類、検査、および診断の手順

STEP
分類

男性の更年期障害は、一般的にはテストステロンの減少によって引き起こされると考えられていますが、正確な分類はまだ確立されていません。一部の専門家は、「部分的アンドロポーズ」と呼ばれる、テストステロンが減少しつつも明確な症状が現れない段階があると述べています。

手順
検査

男性の更年期障害の検査には、患者の症状や身体的な変化を評価する問診票と一般的な健康検査が含まれます。また、血液検査を通じてホルモンレベルの測定が行われることもあります。主に注目されるのは、血中テストステロン濃度です。低いテストステロン濃度が確認されれば、それが症状の原因である可能性が高まります。さらに、男性ホルモンの測定に尿検査が行われることもあります。

STEP
診断

男性の更年期障害の診断は、主に症状と検査結果に基づいて行われます。主な症状があり、かつ血中テストステロン濃度が低い場合、アンドロポーズの可能性が高まります。ただし、症状の程度や生活への影響は個人差があり、診断は慎重に行われるべきです。

診断に際しては、患者の病歴、症状の継続期間、身体検査、および必要に応じてホルモン検査が総合的に考慮されます。また、他の疾患や健康状態との鑑別も行われることがあります。

STEP
注意点

男性の更年期障害の診断は、専門の医師によって行われるべきです。患者と医師の十分なコミュニケーションが重要であり、症状の程度や個々の状況に基づいて治療計画が立てられるべきです。ホルモン補充療法などの治療法が検討される場合もありますが、そのリスクと利益が慎重に評価されるべきです。

ホルモン(テストステロン)補充療法が行えない疾患には次のような場合になります。
・前立腺がん・中程度以上の前立腺肥大症・男性乳がん・多血症・重度の肝臓機能障害や肝臓の機能障害・うっ血性心不全・重度の高血圧などとなります。

アンドロポーズ の鑑別疾患

男性の更年期障害(アンドロポーズ)の症状は、他の疾患や健康上の問題と関連している可能性があります。次は、男性のアンドロポーズと類似した症状を引き起こす可能性がある鑑別疾患の例です。しかし、これらの疾患は医師による詳細な評価と診断が必要です。

  • 精神的な健康の問題
    • うつ病: アンドロポーズの症状と同様に、うつ病も気分の低下、無気力感、睡眠障害などを引き起こすことがあります。
    • 不安症候群: 不安感、過度な心配、集中力の低下などがアンドロポーズと似たような症状として見られることがあります。
  • 内分泌系の疾患
    • 副腎機能不全: 副腎が適切に機能しない場合、疲労感、低エネルギー、性機能低下などが現れることがあります。
    • 甲状腺疾患: 甲状腺の機能異常は疲労、不安、体温の変動などを引き起こす可能性があります。
  • 糖尿病
    • 糖尿病: 血糖値の異常が疲労感、尿頻度の増加、性機能低下などを引き起こすことがあります。
  • 心血管系の疾患
    • 動脈硬化症: 血管の硬化が血流に影響を与え、勃起障害や運動能力の低下などが現れる可能性があります。
    • 高血圧: 血圧の上昇が不安感や疲労感を引き起こすことがあります。
  • 睡眠障害
    • 睡眠時無呼吸症候群(SAS): 睡眠時の呼吸停止や浅い呼吸が疲労感、不眠症、性機能低下などを引き起こすことがあります。
  • 慢性疼痛症候群
    • 慢性疼痛症候群(慢性疼痛症候群、線維筋痛症など): 慢性的な疼痛が疲労感やうつ症状を引き起こすことがあります。

これらの鑑別疾患は、アンドロポーズの診断を難しくする可能性があります。したがって、症状が現れた場合、適切な医師の診断と評価が重要です。医師は病歴の収集、身体検査、血液検査などを通じて正確な診断を行い、適切な治療法を提案します。

アンドロポーズ の併存症

男性の更年期障害(アンドロポーズ)には、さまざまな併存症が関連している可能性があります。これらの併存症は、ホルモンの変動や加齢に伴う身体的な変化に起因することがあります。次は、一般的なアンドロポーズと関連する併存症のいくつかとなります。

  1. 骨粗鬆症
    • テストステロンの減少は骨密度の低下を引き起こす可能性があり、これが骨粗鬆症(osteoporosis)のリスクを増加させます。
  2. 心血管疾患
    • テストステロンの低下は、血管の健康に影響を与え、心血管疾患のリスクを増加させる可能性があります。これには高血圧、動脈硬化、冠動脈疾患などに該当します。
  3. 2型糖尿病
    • テストステロンの低下がインスリン感受性を悪化させ、2型糖尿病のリスクを増加させる可能性があります。
  4. 肥満
    • テストステロンの減少は筋肉量の減少や脂肪増加を引き起こすことがあり、これが肥満の発症や進行に寄与する可能性があります。
  5. メタボリックシンドローム
    • 肥満、高血圧、高血糖などが同時に存在するメタボリックシンドロームのリスクが増加することがあります。
  6. 鬱病および不安障害
    • ホルモンの変動が精神的な側面にも影響を与え、うつ病や不安障害の発症・悪化のリスクを高めることがあります。
  7. 性的機能低下
    • テストステロンの低下は性的機能の低下を引き起こし、勃起障害や性欲の低下などが起こる可能性があります。
  8. 睡眠障害
    • ホルモンの変動が睡眠に影響を与え、不眠症や睡眠の浅さが起こることがあります。

これらの併存症は個々の患者によって異なり、また予防や治療のアプローチも異なることがあります。医師の指導のもとで、健康な生活習慣、適切な栄養、運動、必要に応じて治療を含む総合的なアプローチが重要です。

アンドロポーズ の経過・予後

男性の更年期障害(アンドロポーズ)の経過と予後は個人差が大きく、症状の程度や治療の効果によって異なります。次に、一般的な経過と予後に関する情報を紹介しますが、これはあくまで一般的な傾向であり、個々のケースには異なる要因が影響します。

経過

  1. 症状の進行と緩和
    アンドロポーズに伴う症状は通常緩慢に進行し、それに従って生活に対する影響も変化します。一部の症状は時間の経過とともに進行する一方で、他の症状は改善することがあります。
  2. 個人差
    症状の程度や種類は個人差が大きく、一部の男性はほとんど症状を感じないこともあります。また、症状がある場合でもその強度は患者によって異なります。

予後

  1. 自然治癒の可能性
    一部の男性はアンドロポーズの症状が自然に緩和されることがあります。特に軽度な症状の場合、ライフスタイルの変更や適切な医療アプローチにより、症状が改善されることが期待されます。
  2. 治療の効果
    ホルモン補充療法などの治療が適切に施された場合、症状の改善が見られることがあります。ただし、治療効果は個人によって異なり、副作用やリスクも考慮する必要があります。
  3. 慢性的な症状
    一部の男性は症状が慢性的であることがあり、長期的なケアや症状管理が必要となる場合があります。
  4. 骨密度と心血管健康
    アンドロポーズに伴うテストステロンの低下は、骨密度の低下や心血管健康に影響を与える可能性があります。これらの健康リスクに対処するために、適切なケアや治療が重要です。

男性の更年期障害に関する予後は、患者の健康状態や生活環境、治療法によって大きく変わります。医師との継続的なコミュニケーションと共に、適切な治療計画を立てることが予後の改善につながります。

アンドロポーズ の病因・病態

主な病因と病態

1. テストステロンの減少

  • アンドロポーズの主要な病因は、男性の生殖能力に関わる主要なホルモンであるテストステロンの徐々な減少です。
  • 40代から50代にかけて、睾丸(精巣)のレイリー細胞がテストステロンを生産能力が低下し、血中のテストステロン濃度が減少します。
  • テストステロンの減少は個人差があり、一部の男性では症状が軽微な場合もありますが、一部では症状が顕著になります。

2. 病態

テストステロンは男性の体内で多くの組織と器官に影響を与えており、その減少が様々な生理学的な変化を引き起こします。

  • 性器への影響
    • テストステロンの減少により、性器への血液供給が減少し、勃起障害や射精の問題が生じる可能性があります。
  • 筋肉および骨への影響
    • テストステロンは筋肉の形成と骨の密度に影響を与えるため、その減少は筋肉量の減少や骨密度の低下につながります。
  • 脂肪組織への影響
    • テストステロンの低下は、体脂肪の蓄積を促進する可能性があります。
  • 心血管系への影響
    • テストステロンの減少は、血管機能に影響を与え、心血管疾患のリスクを増加させる可能性があります。
  • 精神的な側面への影響
    • テストステロンは精神的な側面にも影響を与え、イライラ、不安感、うつ症状などが生じる可能性があります。

3. 生活習慣の影響

  • 生活習慣や遺伝的な要因もアンドロポーズの発症や進行に影響を与える可能性があります。
  • 過度なストレス、不健康な食事、運動不足などは、症状の重症化に影響する可能性があります。

病態の理解や病因の解明はまだ進行中であり、アンドロポーズに関する詳細なメカニズムは完全に理解されていない部分もあります。治療法やアプローチは、病態の理解が深まるにつれて進化していくことが期待されます。

男性のアンドロポーズ
女性の更年期障害
  • テストステロンの緩やかな低下
  • 性的機能の低下
  • 筋肉量の減少
  • 骨密度の低下
  • テストステロン補充療法
  • 運動や栄養療法
  • 卵巣機能の減少
  • エストロゲンの急激な低下
  • ホットフラッシュやのぼせ
  • 不規則な月経周期
  • 睡眠障害
  • ホルモン補充療法 (HRT)
  • 抗うつ薬や抗不安薬

女性の更年期障害とアンドロポーズ との違い

女性の更年期障害(クライマクス)と男性の更年期(アンドロポーズ)は、性別による生理学的な違いに基づいているため、症状や生理学的な変化においていくつかの違いがあります。
一般的に、女性の更年期障害は相対的に急激であり、男性のアンドロポーズはより緩やかな変化が見られることが特徴です。しかし、両者ともに個々の体験や症状の重症度には大きな個人差があります。

1. 生理学的な変化

女性の更年期障害(クライマクス)
  • 卵巣機能の減少
    女性の更年期には、卵巣の機能が低下し、卵巣からの卵子の放出が減少します。
  • エストロゲンの急激な低下
    更年期にはエストロゲンの急激な低下が見られ、これが多くの症状を引き起こします。
男性のアンドロポーズ
  • テストステロンの緩やかな低下
    男性のアンドロポーズでは、テストステロンの低下が緩やかであり、急激な変化は女性の更年期ほど顕著ではありません。

症状

女性の更年期障害
  • ホットフラッシュやのぼせ
    急激なエストロゲンの低下が、体温調節を調整する中枢に影響を与え、のぼせやホットフラッシュが起こります。
  • 不規則な月経周期
    月経周期が不規則になり、最終的に停止します。
  • 睡眠障害
    更年期には睡眠障害が一般的で、寝つきの悪さや夜間の目覚めが増加します。
男性のアンドロポーズ
  • 性的機能の低下
    テストステロンの低下が性機能に影響を与え、勃起障害や性欲の低下が起こります。
  • 筋肉量の減少
    テストステロンの低下が筋肉量の減少を引き起こし、筋力の低下が見られます。
  • 骨密度の低下
    テストステロンの低下が骨密度の低下につながり、骨折のリスクが増加します。

治療法

女性の更年期障害
  • ホルモン補充療法 (HRT)
    エストロゲンやプロゲステロンの補充が一般的に行われます。
  • 抗うつ薬や抗不安薬
    必要に応じて、精神的な症状を軽減するために処方されることがあります。
男性のアンドロポーズ
  • テストステロン補充療法
    テストステロンの低下に対処するために、テストステロン補充療法が一般的に使用されます。
  • 運動や栄養療法
    筋力維持や骨密度向上のための運動、バランスの取れた栄養が重要です。

男性のホルモン補充療法は、「テストステロンエナント酸エステル製剤」などで、2〜4週ごとに筋肉注射で投与(投与間隔は症状で次第)します。副作用の確認しながら10回程度の投与により効果を判断するのが一般的です。
また、胎盤性腺刺激ホルモンは2週間ごとに筋肉注射をする場合や、男性ホルモンジェルを使用する場合、皮膚パッチにより皮膚から血流へホルモンをの放出を可能にする療法もあります。

アンドロポーズ の年代別のデータ

アンドロポーズに関連する症状やテストステロンの低下は、個人差が大きく、特定の年代に限定されないため、厳密な年代別の割合は難しいとされています。ただし、一般的な傾向として、男性のテストステロンレベルは30代から徐々に低下し、40代から50代にかけて低下がより著明になるとされています。次に、アンドロポーズに関連するデータや一般的な傾向をいくつか示しますが、これはあくまで平均的な傾向であり、個々の男性には異なるデータがあります。

  • テストステロンの低下
    • 平均的には、30歳から40歳の男性のテストステロン濃度は年間約1%ずつ低下するとされています。しかし、個人差が大きく、一概に言える割合は難しいとされます。
  • アンドロポーズに関連する症状
    • 40代から50代にかけて、アンドロポーズに関連する症状が現れることがよくあります。ただし、これらの症状の程度やタイミングは個人差があります。
  • 診断を受ける年齢
    • アンドロポーズは一般的に40歳から60歳の男性で見られることが多いですが、これには個人差があり、一部の男性では早い段階で症状が現れることもあります。
  • 医療の検査や診断
    • アンドロポーズの診断は主に症状と検査結果に基づいて行われます。検査を受ける男性は40代から60代にかけて広がっています。
    • 40代以上の6人に1人はアンドロポーズの可能性があります。

注意点として、アンドロポーズは生理学的な変化であるため、ある特定の年代に発症するわけではありません。症状の出現やテストステロンの低下は個人によって異なり、ライフスタイルや健康状態、遺伝的な要因なども影響します。アンドロポーズに関する研究は進行中であり、将来的により詳細なデータが得られることが期待されます。

アンドロポーズ の医療の受診先

男性の更年期障害(アンドロポーズ)の症状が気になる場合や症状が生活に影響を与えるようであれば、医療の専門家を受診することが重要です。一般的には泌尿器科で診療が受けらます。

  1. 一般医療の医師(家庭医、内科医)
    • 初めてアンドロポーズの疑いや症状が現れた場合は、一般医療の医師に相談することがお奨めです。内科医は基本的な検査や評価を行い、必要に応じて専門医に紹介してくれます。
  2. 内分泌学者(内分泌専門医)
    • アンドロポーズに関連する問題は、ホルモンの変動に関係しています。内分泌学者はホルモン関連の疾患や障害に詳しい医師であり、アンドロポーズの診断や治療に携わります。
  3. 泌尿器科医:
    • アンドロポーズの症状には尿道症状や性的機能の低下などが現われます。泌尿器科医は尿道や性器に関する問題に対処する専門家であり、アンドロポーズに関する症状も診断・治療します。
  4. 性機能医療専門医
    • アンドロポーズに伴う性機能の低下や勃起障害に関する問題は、性機能医療専門医に相談することができます。専門医は性機能に特化した治療法を提供します。
  5. 精神科医
    • アンドロポーズには精神的な症状も伴うことがあります。うつ病や不安症などの精神的な側面に関しては、精神科医との相談が適切です。
  6. 総合診療医やフィジシャン・アシスタント
    • 症状が複数の領域にわたる場合、総合診療医やフィジシャン・アシスタントが広範で包括的な診療を提供することがあります。

アンドロポーズの症状や程度は個人差が大きいため、症状に適した専門家を受診することが重要です。診察の際には、症状の詳細な説明や病歴の提供が重要となります。

アンドローズの対策
改善
生活習慣
の改善
適切な
栄養補充
TRT
補充療法
適度な
運動趣味
ストレス
管理
管理

アンドロポーズ の対策方法

男性の更年期障害(アンドロポーズ)の対策方法は、主に症状の軽減や生活の質の向上を目指すことが一般的です。次に、アンドロポーズに関連する症状に対する一般的な対策方法をいくつか挙げています。ただし、個々の症状や健康状態により異なるため、医師との相談が重要です。

  • テストステロン補充療法 (TRT)
    • アンドロポーズに伴うテストステロンの低下に対処するために、テストステロン補充療法が一般的に使用されます。これは、テストステロンの注射、ジェル、パッチなどの形態で行われます。ただし、リスクや副作用に注意しながら、医師の指導のもとで行う必要があります。
  • 生活習慣の改善
    • 健康な生活習慣の確立が重要です。バランスの取れた食事、適度な運動、十分な睡眠は、アンドロポーズに伴う症状の緩和に役立ちます。
    • 姿勢は背中を丸めないで、肩甲骨を寄せて姿勢を良くすることを気を付けることで、テストステロンは上がります。
  • 適切な栄養摂取
    • 適切な栄養素を摂取することが、全体的な健康維持とアンドロポーズによる症状の軽減に役立ちます。特にビタミンD、カルシウム、亜鉛などが重要です。
  • 適度な運動や趣味
    • 運動は体重管理や心血管機能の維持に必要となり、アンドロポーズに伴う筋力の低下や体脂肪の増加を防ぐのに役立ちます。
    • 適度な運動は体重の管理、心血管機能の向上、筋力の維持に有効です。特に有酸素運動や筋力トレーニングを取り入れることが大切です。
    • スクワットの筋トレや階段の上り下りの運動を10分程度の継続でテストステロンは上がります。
    • ゴルフやテニス、囲碁や将棋、など、他人と競い合うことでテストステロンは上がります。ただし、友人や知り合いと楽しくストレスをためないことが分泌を高めます。
  • ストレス管理
    • ストレスがアンドロポーズの症状を悪化させることがあります。リラクゼーション技法や瞑想などのストレス管理の方法を学ぶことが重要です。
    • 強いすとれすがテストステロンの分泌を抑えるため、解消方法の一つにゆったりとした入浴法があります。
  • 心理的サポート
    • 心理的な症状(うつ病、不安など)に対しては、心理的なサポートや心理療法が有益です。
  • 定期的な健康チェック
    • テストステロンの低下が骨密度に影響を与える可能性があるため、骨密度の低下を防ぐための対策が重要です。
    • 定期的な健康チェックや医師とのフォローアップは、アンドロポーズに伴う健康状態のモニタリングに役立ちます。
  • 十分な睡眠
    • 十分な質の良い睡眠を確保することが重要です。規則正しい睡眠スケジュールを維持し、良い睡眠習慣を身につけることが大切です。
    • テストステロンは眠っている間、特に夜中の1〜3時ごろに多くつくられます。
  • 禁煙および飲酒の制限
    • タバコの喫煙や過度なアルコール摂取はアンドロポーズの症状を悪化させる可能性があるため、これらを制限することが望ましいです。

これらの対策は一般的なものであり、個々の状態によって最適な対策は異なります。自己判断や自己処方せずに、医師のアドバイスを受けながら適切な対策を進めることが重要です。

アンドロポーズ の見分け方などのチェック

男性の更年期障害(アンドロポーズ)は症状が個人差が大きいため、一般的なチェックリストは難しいですが、次は一般的なアンドロポーズの症状のいくつかです。これらの症状が3つ以上当てはまり、かつそれが日常生活に影響を与えている場合は、医師との相談が重要です。

アンドロポーズの一般的なチェックリスト
性機能の変化性欲の低下や勃起障害が起こる
エネルギーの低下疲労感やエネルギー不足が継続的に感じる
精神的な変化過度なイライラ、不安感、抑うつ感が現れる
睡眠障害眠りにくさや夜間の目覚めが増加する
筋力や体力の低下筋力の減少や体力の低下する
体脂肪の増加特に腹部における脂肪の蓄積が増える
骨密度の低下骨折しやすくなるリスクが増加する
集中力や記憶力の低下仕事や日常生活での集中力や記憶力の低下
ほてりや多汗異常なほてりや多汗が頻繁に起こる
心血管症状高血圧や動脈硬化などの心血管症状が増加する
頭痛やめまい頭痛やめまい、耳鳴りなどが頻繁に起こる

これらの症状が一時的である場合もありますが、持続的である場合や日常生活に影響を与える場合は、医師の診察が必要です。医師は詳しい健康状態の評価を行い、必要に応じて検査や適切な治療を提案します。アンドロポーズの症状は他の健康問題とも重なることがあるため、適切な診断が重要です。

  1. 『The Male Menopause』
    • 著者: Jed Diamond
    • 出版社: Sourcebooks
  2. 『The Andropause Mystery: Unraveling Truths about the Male Menopause』
    • 著者: Robert S. Tan
    • 出版社: Marshall Cavendish International
  3. 『Male Menopause: My Experience』
    • 著者: Dr. Malcolm Carruthers
    • 出版社: Radcliffe Publishing Ltd
  4. 『男性更年期障害と生活習慣病』
  5. 『アンドロポーズのすべて』
  6. 『男性更年期障害の正しい知識』
目次