3時間無料対面カウンセリングを行っています。無料カウンセリング予約フォームでお申し込みください。ボタン

読み書きに苦手意識を感じたら発達障害の学習障害を疑うべき

目次

読み書き、計算のいずれかに苦手な特性を感じていたら、神経発達症群の限局学習症かもしれません。

限局性学習症(SLD)の概念

知的発達症のように知的発達の遅れや聴覚、視覚に問題があるのではなくとも、読む、書く、計算のいずれかに関して極端に苦手な特異的な神経発達症群の発達障害です。教育の領域ではより広く学習障害と呼ばれますが、医学的には「読み書きの特異的な障害」または「計算能力など算数技能の獲得における特異的な発達障害」と呼ばれます。DSM-5の限局性学習症の定義では「読み」「書き」「計算」に限定され下記のように示されています。

  • 読字の障害
    読字理解、速度または流暢性、正確性における特定の問題で、文字の並びが歪んで見えるや文字自体が二重に見えるなど状態は多様です。
  • 漢字表出の障害
    綴字の正確性、文法と句読点の正確さ、文章作成・構成における特定の問題で、特殊音節の拗音・促音・長音・撥音を書き間違うことがあります。「わ」と「は」のような同音の表記や「っ」「ょ」の小さい文字の認識が難しい、「め」と「ぬ」と「あ」、「わ」と「ね」など似た形の誤りが多く、各数の多い漢字では一部が異なることがあります。
  • 算数の障害
    計算の正確性、数字的記憶、記号の模写、それらの理解における特定の問題で、簡単な「5」+「3」などでも指を使うことや、時計の分針と時針の混同や九九算が苦手というケースがあります。

「読み」が苦手だと「書き」にも影響し「読み書き」の両方が苦手な「発達性ディスレクシア」と呼ばれます。また、学習症(LD)の範囲だとその他にも「話す」「聞く」「推論」「英語の読み書き」が苦手な症状を持つ人もいます。
学習症の発見は3歳児健診では困難であり、5歳児健診でも障害を発見する健診項目が十分ではありません。また、就学前後でも文字に興味を示さないような個人差や環境要因によって学習が遅れていただけというケースもあります。

原因は解明されていませんが、遺伝的に関連する遺伝子の変異や脳の発達において異常があることが報告されているほか、母親の早産や低出生体重児はハイリスクとなり、妊娠時のストレス、栄養不良、薬物使用などの環境要因が影響されることも指摘されています。特に両親のいずれかが発達性読み書き障害の家系では子供に65%に遺伝しています。

e-ヘルスネットでは2012年の小中学校教師を対象にした全国調査では4.5%存在するとしていて、ひらがなの学習障害は0.8〜2.1%の有病率としています。「特集・限局性学習症:稲垣真澄・米田れい子/総論:医療の立場から」では、発達性読み書き障害の有病率は0.7〜2.2%の間にあり、男児が1.5〜3倍女児より多いとしています。また、発達性読み書き障害の30%はADHDとASDと重複することが言われています。

算数障害の有病率は3〜6%とされていて男女比率はほとんど変わりませんが、イギリスでは算数障害の6割に発達性読み書き障害の合併が認められています。

ICD-11による限局性学習症(SLD)の診断基準

限局性学習障害(SLD)は、ICD-11による診断基準では、次のように定義されています。

  • 学習の遅れや困難がある
    • 年齢に対して遅れた学習がある。
    • 言語や読み書き、数学などの学習に困難がある。
    • 学習に必要なスキル(言語、読解、計算など)の習得に問題がある。
  • 知能は正常範囲内
    • 知能指数(IQ)が正常範囲内(70以上)である。
    • 知的障害、自閉スペクトラム症、精神疾患などの診断がつかない。
  • 社会的・行動的問題がある
    • 学校や社会生活で問題を抱える。
    • 行動の制御や注意の持続、感情の調節などに問題がある。
    • ソーシャルスキルの欠如や不器用さがある。

これらの3つの基準がすべて該当する場合に、限局性学習障害(SLD)と診断されます。ただし、診断は専門家による詳細な検査と判断が必要であり、個人によって症状の出方や重症度には差があります。

大人のSLDの対処方法

学習症がある方が仕事をする上での対処方法は、まず自分の症状と苦手な特性を職場や同僚に理解してもらうよう相談するところから始まります。

  • 会議などにはボイスレコーダを使用して、繰り返し聞く。
  • マニュアルなどの説明は口頭を含めて説明してもらう。
  • 作業などは動画を使用して理解する。
  • スマホやタブレットなどの使用を許可してもらう。
    読み上げソフトや計算アプリの使用や書くことは入力するなどできる環境づくり
  • 就職はハローワークや障害者就業支援などの機関を利用する。

SLDやLDで生きづらさが原因となり、社交不安障害やトラウマ、うつ病などの二次障害を感じた際には精神科や心療内科、心理カウンセリングを受けることをお奨めします。

限局性学習障害の治療法

  • 認知行動療法
    認知行動療法は、問題行動や思考パターンを変えることで、障害を克服することを目的とした治療法です。患者は、自分自身の思考と行動を自己評価し、問題の特定と解決方法を見つけることを促されます。
  • 認知リハビリテーション
    認知リハビリテーションは、認知的機能の改善を目的とした治療法で認知トレーニング、記憶トレーニング、注意力トレーニング、問題解決トレーニングなどが含まれます。
  • 構造化された環境
    構造化された環境は、患者が正しい方法でタスクを完了できるようにすることで、学習の障害を緩和することを目的としています。例えば、カレンダーや時計を使ってスケジュールを管理したり、チェックリストを使用したり、タスクを小さなステップに分割することで、患者がタスクを完了しやすくなります。

治療法は、患者の症状や状況に応じてカスタマイズされます。個別に合わせた治療を受けることで、症状の改善が期待されます。また、家族や学校、職場などの環境を改善することも重要です。専門家の指導の下、適切な治療を受けることが重要です。

ASD/ADHA/SLDの「まとめ」統計より

発達障害は発達障害支援法においても、自閉スペクトラム症、注意欠如・多動症、学習症その他これに類する脳機能の障害と定めています。このページでも取り上げたように発達障害の多くはASD/ADHD/LDに属しています。そこで、まとめとしていくつかの統計を示させていただきます。

在宅の発達障害の統計人数と成人前と成人後の統計

厚労省の「平成28年生活のしづらさなどに関する調査」では、医師から発達障害と診断された人数は48万1千人と推定され、障害者手帳保持者は76.5%で非所持者は21.4%でした。

神経発達症群(発達障害)は小児期に診断されると思う方も多いと思いますが、実際は医師からの診断によると0〜19歳までの患者の診断は46%で20歳以降に診断された54%を下回っていました。小児期に気付かれない理由のひとつには知的発達症群が必ずしも伴わなくても良いということと、近年は個人のパーソナリティ(個性)も尊重されてきていることも背景にあるものだと思います。そこで、大人になり発達障害、または発達障害に併発された他の障害で生きづらさが増して専門機関に相談に訪れて発覚することも増えてきていることだと思います。

発達障害の男女比率は男性が69%でおおよそ2:1女性が30%でした。
このことからも大人の発達障害を抱えて、生きづらいまま生活している人が多いことが分かります。

発達障害の通常学級による指導を受ける児童生徒数は9年で6倍に増加

総務省行政評価局の平成29年の評価の結果報告を受けて文部科学省が「通級による指導を受けている児童生徒数のうち発達障害(自閉スペクトラム症、学習障害、注意欠如・多動症)の調べで児童数は次のような推移がありました。

障害別平成18年平成27年比率
ASD3,912人14,189人3.6倍
LD1,351人13,188人9.8倍
ADHD1,631人14,609人9.0倍
合計6,894人41,986人6.1倍

このことからも発達症の認知が進み、小中学校の通級による指導も可能になってきていることが分かります。

大学生の発達障害のカテゴリー別構成比


平成28年、信州大学学術研究院教育学系教授:高橋知音氏による発達障害学生の課題の統計のカテゴリー別構成比では、次のような人数の構成となっています。
ASDが6割を超えてADHDが約2割でSLDは4%です。もちろんSLDは重複に含まれている可能性が高いですが、十分な障害への認知が無いのでは、としています。

先ほどの「通級による指導」の統計では、教師の診断は信憑性に欠けるところもありますが、ASDとADHDと差がない比率になっていることから、成人後にはSLDの特性を跳ね返すような生活をしているのだとも考えられます。

この表は総務省行政評価局が報告している職業安定所における全障害者と発達障害者の就職率です。全障害者と比較すると発達障害者の就職率は下回っていますが、次のような理由でポイントが低くなっている状況です。

  • 障害者手帳を所持していないと法定雇用率の算定対象とならない
  • 発達障害の特性(コミュニケーション能力の問題、強いこだわりがあるなど)
  • 事業主の発達障害に対する理解の不足
  • 支援対象者が発達障害を受け入れていない

標準精神医学第8版:尾崎紀夫・三村將・水野雅文・村井俊哉/医学書院
成重竜一郎:多動性障害(注意欠如/多動性障害ADHD)・精神科治療学
金生由紀子、浅井逸郎:チックのための包括的行動介入セラピストガイド/丸善出版
次良丸睦子、五十嵐一枝:発達障害の臨床心理学/北大路書房
柴崎光世、橋本優花里:神経心理学/朝倉書店
村上宣寛:IQってなんだ・知能をめぐる神話と真実/日経BP社
DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル 高橋三郎・大野裕監修/医学書院

目次