3時間無料対面カウンセリングを行っています。無料カウンセリング予約フォームでお申し込みください。ボタン

ハラスメント25例を加害者・被害者の心理的側面から考察

目次

ハラスメントの要件・定義・対策・不利益などの知識に加え、加害者、被害者の精神面に焦点をあて、25のハラスメントを解説します。

ハラスメントは、特定の個人やグループに対して、嫌がらせ、不快感、または脅迫を引き起こす行為や言動のことを指します。これは、人格、パーソナリティ、性別、人種、宗教、性的指向、障害、年齢、所属などの属性に基づいて行われます。ハラスメントは、仕事場や団体、学校、オンラインなどさまざまな環境で発生しています。

ハラスメントの具体的な形態には様々なり、例えば、言葉の攻撃、嫌がらせの電子メールやメッセージ、嫌がらせのジェスチャー、侮辱、脅迫、または不当な扱いが主なものです。ハラスメントと感じるかは個人差があるものですが、これらの行動が相手に精神的な苦痛や不安を引き起こす場合、それはハラスメントと見なされます。

多くの国では、ハラスメントは法的に禁止されており、労働関係法や育児・介護休業法などにおいて厳格に規制されています。企業や組織は、ハラスメントを防止し、適切な対応を取るための安全配慮義務違反や就業規則・懲罰規定などのポリシーや手順を策定しています。
また、加害者・行為者は懲罰規定や民事責任、刑事罰の法的責任を負うこともあります。

次に、個人の尊厳や心身の健康に対する深刻な影響を及ぼす可能性があり、社会的な環境において受け入れがたいものと見なされ、多くの事例があるハラスメントの6つの行為類型を解説します。

威圧的なハラスメント(Coercive Power Harassment)

加害者が権力や地位を利用して被害者に対して脅迫や強制を行う形態。仕事の条件や昇進、異動などを巡る脅迫が該当します。

経済的なハラスメント(Economic Power Harassment)

加害者が賃金・報酬的な権力を行使し、被害者に対して経済的な苦痛や不利益を与える形態。昇進や報酬の不当な制限が該当します。

性的なハラスメント(Sexual Power Harassment)

性別に基づく権力関係が原因で、加害者が被害者に対して性的な嫌がらせや要求を行う形態。これにはセクシャルハラスメントも含まれます。

心理的なハラスメント(Psychological Power Harassment)

加害者が心理的な手段を用いて、被害者に対してストレスや精神的な苦痛を与える形態。威圧的な言動や陰口、仕事の不当な圧力が含まれます。

組織的なパワーハラスメント(Organizational Power Harassment)

組織全体が加害者となり、被害者に対して不当な圧力をかける形態。組織文化や慣習がハラスメントを容認する状況が該当します。

性差別的なパワーハラスメント(Gender-based Power Harassment)

性別に基づく差別的な権力関係が原因で、被害者に対して性差別的な言動や行動を行う形態。これには性的な嫌がらせやジェンダーバイアスが含まれます。

企業の中でハラスメントが起こる理由・原因

企業の中でハラスメントが起こる理由や原因は多岐にわたります。要因は相互に影響し合い、ハラスメントの発生を助長しています。企業がこれらの要因に対処するためには、適切な方針や教育プログラムの実施、リーダーシップの重要性、透明性の確保などが必要です。次に、一般的な要因を挙げてみますが、これらは単一の要因ではなく相互に絡み合っていることの方が多くなります。

  • 組織文化とリーダーシップ
    • ハラスメントが許容される組織文化や、リーダーシップが問題行動に対して十分な対応を取らない場合、従業員はハラスメントを行っても問題がないと認識する可能性が高まります。
  • 無知や教育の不足
    • 従業員がハラスメントの定義やその影響について十分な理解を持っていない場合、問題の認識が不足し、行動が許容されがちです。また、企業が適切な教育プログラムを提供していない場合も影響があります。
  • パワーバランスの不均等
    • パワーバランスが不均等である場合、上司や権力を持つ従業員が部下や他の従業員に対してハラスメントを行いやすくなります。パワーバランスの不均等が続くと、報復や不正な行動を報告することへの抵抗感も生じやすくなります。
  • 差別的な態度やスティグマ
    • パーソナリティ、性別、人種、性的指向、障害などに基づく差別的な態度やスティグマが存在する場合、これがハラスメントを引き起こす要因となります。差別的な信念が従業員間で広まると、ハラスメントの発生リスクが高まります。
  • 不適切な採用プロセス
    • 適切な採用プロセスが行われていない場合、スカウトやヘッドハンティングでハラスメントを行うが採用されやすくなります。採用段階での十分な背景調査やスキル評価の欠如は、問題行動のリスクを増加させる可能性があります。
  • 職場のストレスや競争
    • 過度な職場のストレスや競争が存在する場合、ライバル他者に対して不適切な行動に出る可能性が高まります。これは、感情や圧力を不適切に発散することにつながります。
  • 不適切な報復文化
    • 従業員がハラスメントを報告した際に、それに対する報復があると感じる場合、他の従業員はハラスメントを報告することを躊躇する可能性が高まります。

ハラスメントの影響でなり得る精神疾患

ハラスメントによる精神的な影響は、様々な調を引き起こす可能性があります。次は、ハラスメントにより引き起こされる可能性のあるメンタルヘルスの不調や、それによってなり得る一般的な精神疾患の病名です。

  • うつ病(Depression)
    • 長期にわたるストレスや感情的な苦痛が続くと、うつ病が発症する可能性があります。うつ病は気分の低下、興味喪失、エネルギー不足、睡眠障害などの症状を引き起こします。
  • 不安障害(Anxiety Disorders)
    • ハラスメントによる心理的な圧力や不安は、不安障害を引き起こす可能性があります。具体的には、一般不安障害、社交不安障害、パニック障害などが考えられます。
  • 外傷後ストレス障害(Post-Traumatic Stress Disorder, PTSD)
    • ハラスメントが過去のトラウマを引き起こす場合、PTSDが発生する可能性があります。これは、過去のトラウマ体験に関連する回避行動、再体験、過度の興奮などの症状を含む状態です。
  • 摂食障害(Eating Disorders)
    • ハラスメントによる精神的なストレスが食事行動に影響を与え、摂食障害(拒食症、過食症、過食嘔吐症など)が発生する可能性があります。
  • 自己価値感の低下
    • ハラスメントが持続的であると、自尊心や自己価値感の低下が起こる可能性があります。これは、うつ病や他のメンタルヘルスの問題と結びつくことがあります。
  • パーソナリティ障害(Personality Disorders)
    • 長期にわたるハラスメントが人格に悪影響を与え、パーソナリティ障害の発症を引き起こすことがあります。

精神疾患者や障害者が被害者になる要因

精神疾患者や精神障害者がハラスメントの被害者になることは、様々な要因により起こり得ます。ハラスメントは、被害者に対して深刻な影響を与える可能性があります。社会全体が精神疾患に対して理解を深め、差別や偏見を排除し、心理的な安全を確保するための取り組みが求められています。次に、その主なポイントを解説します。

  • 差別や偏見による被害
    • 精神疾患や精神障害者は、その状態によって差別や偏見を受け、ハラスメントの対象になることがあります。社会的なスティグマや無理解からくる偏見が、被害者に対して不当な扱いを引き起こすことがあります。
  • パーソナリティや挙動に対する攻撃
    • 精神疾患や精神障害者は、その特有のパーソナリティや行動に対して攻撃的な行為や言動を受けることがあります。これは理解の不足や無知からくるものであり、被害者が精神的な苦痛を感じることになります。
  • パワーバランスの不均等からくる被害
    • 職場や団体、学校などでのパワーバランスの不均等が、精神疾患や精神障害者をハラスメントのターゲットにする原因となることがあります。上司や同僚、教育機関の教員などが、精神疾患を理由に不当な圧力や差別的な態度を示すことが問題となります。
  • 症状の悪化とハラスメント
    • 精神疾患の症状が悪化すると、被害者は日常生活においてより困難な状況に立たされます。このような状況下で、他者からのハラスメントが重荷となり、精神的な苦痛を増幅させてしまいます。
  • 社会的孤立とハラスメント
    • 精神疾患や精神障害者はが社会的に孤立していることで、その孤独感がハラスメントの標的にされやすくなることがあります。孤立感が加わることで、被害者はより脆弱な状態に置かれてしまいます。

パワー・ハラスメントの要件(定義)

ハラスメントの中で報告の多かったベスト7について順に詳しく要件や定義、加害者と被害者の心理状態や特徴を示していきます。パワーハラスメント・セクシャルハラスメント・マタニティハラスメント・モラルハラスメント・アカデミックハラスメント・スメルハラスメント・ドクターハラスメントの順で解説していきます。

パワーハラスメント(パワハラ)は、組織内での力の不均等が原因で、一方の個人がもう一方に対して不当な圧力や攻撃を行う行為です。これには上司と部下の関係や同僚同士の関係において、権力の濫用や不当な行動が該当します。パワーハラスメントの要件として次のような特徴が挙げられます。

パワーハラスメントの要件
  • 権力の不均等
    • パワーハラスメントでは、加害者と被害者の間に明確な権力の不均等が存在します。これは上司と部下の関係や、同僚同士でも他の形での組織内の権力関係によって引き起こされます。
  • 不当な圧力や攻撃
    • パワーハラスメントには、不当な圧力や攻撃的な行動が該当します。これは、被害者に対して威圧的で不当な要求や脅迫を行うことを指します。
  • 組織内での発生
    • パワーハラスメントは通常、組織内で発生します。上司と部下、同僚同士、あるいは異なる部門や役職の関係において起こります。
  • 被害者の苦痛や不利益
    • パワーハラスメントの行為により、被害者は苦痛や不利益を被ります。これは精神的な苦痛、ストレス、職場でのパフォーマンスの低下などにつながります。
  • 不当な差別的な行動
    • パワーハラスメントは差別的な行動を伴うこともあります。これはパーソナリティ、性別、人種、宗教、性的指向などの要素に基づいて行われます。
  • 組織のリーダーシップの不作為
    • パワーハラスメントが続く場合、組織のリーダーシップがこれに対して適切な対策を取らないことが要件となります。不作為や被害者の報復が見逃されることで、問題は悪化する可能性があります。

パワハラの6つの行為類型

次に、個人の尊厳や心身の健康に対する深刻な影響を及ぼす可能性があり、社会的な環境において受け入れがたいものと見なされるパワー・ハラスメントの行為類型を解説します。

精神的な攻撃

精神的な攻撃は、言葉や行動を通じて相手を傷つけ、心理的な苦痛を与える行為です。例えば、差別的な言葉や嫌がらせの電子メッセージ、侮辱、脅迫、噂の流布などが該当します。被害者はこれによって不安やうつ病などの精神的な問題を抱える可能性があります。

身体的な攻撃

身体的な攻撃は、直接的または間接的な方法で相手の身体に対する脅威や危害を意味します。具体的な例としては、体罰、暴力行為、嫌がらせによる傷害などが挙げられます。これによって身体的な損傷や安全の脅威が発生する可能性があります。

人間関係からの切り離し

人間関係からの切り離しは、仕事や学校、コミュニティなどの環境において、相手を孤立させようとする行動です。これには無視される、排除される、孤立させられるなどの手段が当てはまります。被害者は社会的な孤独感やストレスを感じる可能性があります。

過大な要求

過大な要求は、業務上や学業上で不合理な要求が行われる状況を指します。これには過度な業務負担、不可能な期限の設定、効果的なサポートがないままに困難な仕事を押し付けるなどが該当します。被害者は適切なサポートがないままにストレスや疲労に直面します。

過少な要求

過少な要求は、相手に対して仕事や学業において十分な仕事をさせない、企画やイベントなど挑戦的な仕事を与えないなど、適切な権利を与えない行為を指します。これにより、被害者は成長や自己満足感を得る機会を奪われ、モチベーションの低下や不満を感じる可能性があります。

個の侵害

個の侵害は、人権やプライバシーに対する侵害を指します。これには個人の信念や特定の属性に基づく嫌がらせが該当します。例えば、人格、パーソナリティ、容姿、特徴、性別、障害、宗教、性的指向、人種などに基づく不当な差別や侵害が挙げられます。

パワハラの加害者・被害者の心理状態

パワーハラスメントの加害者の心理状態や特徴

支配欲が強い

パワーハラスメントの加害者は、他者を支配しコントロールすることに強い欲求を持っています。自己中心的であり、権力を行使して他者を抑圧しようとすることがあります。

自己中心的な思考

加害者は自分の欲望や目標を優先し、他者の感情や権利を考慮しません。自分本位で、他者の意見やニーズを無視することが一般的です。

自己不安感や劣等感の補填

一部のパワーハラスメント加害者は、自分自身に対する不安感や劣等感を他者に対して発散しようとする傾向があります。他者を傷つけることで自分の価値を高めようとしています。

共感力の不足

加害者は他者の感情や立場に共感することが難しく、冷淡で無神経な行動が見られます。他者の苦痛や困難を理解しようとしないことが特徴的です。

権力への執着

パワーハラスメント加害者は権力に執着し、それを維持するために非倫理的な手段を用いることがあります。地位や権威を利用して他者を脅すことが一般的です。

パワーハラスメントの被害者の心理状態や特徴

ストレスや不安

パワーハラスメント被害者は、加害者の行動により精神的なストレスや不安を感じます。これは職場環境での心理的な負担につながります。

自尊心の低下

パワーハラスメント被害者は、加害者からの攻撃や侮辱により、自己価値感や自尊心が低下します。自分を責めたり、無力感を感じています。

職場での孤立感

パワーハラスメント被害者は、他の同僚やチームメンバーとの関係が悪化し、職場での孤立感を感じます。コミュニケーションの減少や社会的な排除が見られることがあります。

仕事へのモチベーション低下

パワーハラスメント被害者は、加害者の行動により仕事へのモチベーションが低下します。業務への集中力が減少し、生産性が損なわれることが予想されます。

心身の健康問題

長期にわたるパワーハラスメントは、被害者の心身の健康に悪影響を与えます。頭痛、不眠、消化器系の問題などが報告されることがあります。

報復の恐れ

パワーハラスメント被害者は、報復を受けることを恐れています。そのため、被害を報告することにためらいを感じ、黙認してしまうことがあります

セクシャル・ハラスメントの要件(定義)

セクシャルハラスメント(セクハラ)は、性別に基づく差別的な行動や言動によって、職場環境が悪化し、被害者が不快や苦痛を感じる状況を指します。次は、セクシャルハラスメントの要件となる特徴です。

セクシャルハラスメントの要件
  • 性別に基づく差別的な行動や言動
    • セクシャルハラスメントは、性別に基づく差別的な行動や言動によって特徴づけられます。これには性的な嫌がらせや差別的なジェンダーステレオタイプの強要が該当します。
  • 被害者の不快や苦痛の発生
    • セクシャルハラスメントは、被害者が不快や苦痛を感じることが要件です。被害者が主観的にその行為を不快に感じ、または労働環境がその結果として悪化することが該当します。
  • 労働環境の悪化
    • セクシャルハラスメントにより、労働環境が悪化することが要件です。被害者が職場での業務に支障をきたし、または他の従業員も同様に影響を受ける可能性があります。
  • 性別に基づくパワーバランスの濫用
    • セクシャルハラスメントは、性別に基づくパワーバランスを濫用して行われることが一般的です。上司と部下の関係など、権力の不均衡が原因で行われることがあります。
対価型セクハラ(Quid Pro Quo Harassment)

対価型セクハラは、「何かを与える代わりに性的な要求をする」形態のセクシャルハラスメントです。
【対価型セクハラの特徴】

  • 不当な条件の提案
    • 上司や組織のメンバーが、昇進、昇給、仕事の安定などの条件を与える代わりに、性的な要求をする行為が該当します。
  • 拒絶による報復
    • 被害者が性的な要求を拒否した場合、それが昇進や評価に悪影響を与えるなど、報復行為が行われることがあります。
環境型セクハラ(Hostile Work Environment Harassment)

環境型セクハラは、職場の環境が性的な嫌がらせによって不快になり、労働環境が悪化する形態のセクシャルハラスメントです。
【環境型セクハラの特徴】

  • 性的な嫌がらせの頻繁な発生
    • 職場で性的な冗談や言動、画像、または他の不適切な性的な行動が頻繁に発生することが特徴です。
  • 被害者が不快や苦痛を感じる状況
    • 環境型セクハラでは、被害者がその行動により不快や苦痛を感じ、労働環境が悪化することが要件です。

セクハラ加害者・被害者の心理状態

セクシャルハラスメント加害者の心理状態や特徴

権力の濫用

セクシャルハラスメント加害者は、自らの権力や地位を濫用して、被害者に対して性的な言動や行動を行います。これにより、被害者を脅迫しようとすることがあります。

コントロールの欲求

セクシャルハラスメント加害者は、他者をコントロールし支配する欲求が強い場合があります。性的な要求を通じて、他者を従属させようとすることがあります。

被害者の弱体化

セクシャルハラスメント加害者は、被害者を弱体化させ、自己満足や快楽を得ようとします。被害者を恐怖に陥れ、自分の意に従わせようとします。

無理解や無神経

セクシャルハラスメント加害者は、他者の感情や境遇に無理解であり、無神経な行動が見られます。被害者の不快感や苦痛を無視することが特徴的です。

被害者を尊重しない

セクシャルハラスメント加害者は、被害者を尊重せず、その人格や尊厳を軽視しています。性的な言動や行動を通じて、被害者を侮辱しようとすることがあります。

セクシャルハラスメント被害者の心理状態や特徴

不安と緊張

セクシャルハラスメント被害者は、常に不安や緊張感を感じています。職場での不安定な状況や加害者との接触により、精神的なプレッシャーがかかります。

自尊心の低下

セクシャルハラスメントに晒されると、被害者の自尊心や自己価値感が低下します。加害者からの嫌がらせが個人のアイデンティティに対する影響を受ける可能性があります。

社会的孤立感

セクシャルハラスメント被害者は、周囲の人との関係が悪化し、社会的孤立感を招くことがあります。同僚や上司との信頼関係が崩れ、仕事場で孤立することがあります。

恐怖と抑圧感

セクシャルハラスメント被害者は、加害者に対する恐怖感や抑圧感を抱きます。報復や仕事の不利益を恐れ、声を上げることが難しくなります。

仕事へのモチベーション低下

セクシャルハラスメント被害者は、職場でのモチベーションが低下し、業務に対する集中力が損なわれます。ハラスメントによって業務に専念することが難しくなります。

マタニティ・ハラスメントの要件(定義)

マタニティハラスメント(マタハラ)は、妊娠、出産、育児に関連する差別的な行為や言動によって、女性が労働環境で不当に扱われる状況を指します。次は、マタニティハラスメントの要件となる特徴です。

マタニティハラスメントの要件
  • 妊娠や育児に関する不当な取り扱い
    • マタニティハラスメントでは、女性が妊娠中や育児をすることに対して不当な取り扱いが行われることが要件です。これは昇進や業務の制約、不当な解雇、差別的な発言などに具体化されることがあります。
  • 性別に基づく差別
    • マタニティハラスメントは、女性が性別に基づく差別的な取り扱いを受けることを指します。妊娠や出産を理由に、女性が不当に不利益を被ることが特徴的です。
  • 労働環境の不利益
    • マタニティハラスメントは、女性が労働環境で不利益を被ることが要件です。これはキャリアの進展において障害が生じる可能性や、業務への不当な制約が加えられることを指します。
  • 職場での不快や苦痛の発生
    • マタニティハラスメントは、女性が職場で不快や苦痛を感じることが要件です。他の従業員や上司からの差別的な態度や発言が、被害者に精神的な苦痛を与えることがあります。

マタハラの加害者・被害者の心理状態

マタニティハラスメントの加害者の心理状態や特徴

ジェンダーステレオタイプへの執着

マタニティハラスメント加害者は、伝統的なジェンダーステレオタイプや役割分担に執着し、職業意識から、女性が妊娠や出産をすることに対して否定的な態度を持つことがあります。

女性のプロフェッショナリズムに対する偏見

マタニティハラスメント加害者は、女性が職業的な成功を追求することに対して否定的で、妊娠や出産が女性のプロフェッショナリズムにマイナスの影響を与えると考えています。

コントロールの欲求

マタニティハラスメント加害者は、他者をコントロールしようとする欲求が強いことがあります。女性が妊娠や育児により一時的に制約されることを利用して、コントロールしようとしています。

マタニティハラスメントの被害者の心理状態や特徴

不安とストレス

マタニティハラスメント被害者は、職場での不当な取り扱いにより不安やストレスを感じています。これは妊娠や育児に関する制約や差別によって引き起こされるものです。

自己評価の低下

マタニティハラスメント被害者は、職場での不利益を経験することで自己評価が低下する可能性があります。妊娠や育児を理由にされることで、自分の専念や価値が減じたと感じています。

職場での孤立感

マタニティハラスメント被害者は、職場での孤立感を感じています。同僚や上司からの差別によって、職場のコミュニケーションが損なわれ、孤立することがあります。

モラル・ハラスメントの要件(定義)

モラルハラスメント(モラハラ)は、道徳的な価値観に基づく不当な行為や言動により、他者が心理的な苦痛を感じる状況を指します。モラルハラスメントの要件は次のような特徴です。

モラルハラスメントの要件
  • 道徳的価値観に基づく攻撃
    • モラルハラスメントでは、加害者が被害者の道徳的価値観に基づいて攻撃的な言動や行為を行うことが要件です。これは個人の道徳、宗教的信念、人種・性別の平等に関する立場など、個人の価値観に対する攻撃が該当します。
  • 心理的な苦痛の発生
    • モラルハラスメントでは、被害者が心理的な苦痛を感じることが要件です。加害者の価値観の強要によって、被害者が不安、ストレス、抑うつなどの精神的な苦痛を経験します。
  • 労働環境の悪化
    • モラルハラスメントによって、労働環境が悪化することが要件です。被害者が仕事において十分な集中やパフォーマンスを発揮できなくなり、効果的な業務遂行が妨げられることがあります。
  • 他者との関係の損傷
    • モラルハラスメントが続くと、被害者とその他の同僚や上司との関係が損傷することが要件です。職場のコミュニケーションやチームワークが影響を受ける可能性があります。

モラハラ加害者・被害者の心理状態

モラルハラスメント加害者の心理状態や特徴

尊重の不足

モラルハラスメント加害者は、他者の価値観や信念を尊重せず、攻撃的な行動をとります。自分の意見や信念を強制的に押し付けることが特徴的です。

エンパシーの不足

モラルハラスメント加害者は、他者の立場や感情に理解を示さず、無神経な行動をとります。被害者の心理的な苦痛を理解せずに攻撃的な行動を続けることがあります。

自分の意見を押し付ける欲求

モラルハラスメント加害者は、自分の道徳的な価値観や意見を他者に強制的に押し付ける欲求が強いことです。他者に同調を求めず、異なる意見に対して攻撃的な態度をとることが特徴的です。

モラルハラスメント被害者の心理状態や特徴

心理的な苦痛

モラルハラスメント被害者は、加害者の攻撃的な行動により心理的な苦痛を感じます。不安、ストレス、精神的な疲労が発生する可能性があります。

自尊心の低下

モラルハラスメント被害者は、自分の価値観や信念が攻撃されることにより自尊心が低下することがあります。自分の道徳的観念を責めたり、無力感を感じることがあります。

アカデミック・ハラスメントの要件(定義)

アカデミックハラスメント(アカハラ)は、学術的な環境で行われる不当かつ攻撃的な言動によって、他者が心理的な苦痛を経験する状況を指します。アカデミックハラスメントの要件は次のような特徴が該当します。

アカデミックハラスメントの要件
  • 学術的な環境での不当な取り扱い
    • アカデミックハラスメントでは、学術的な環境において不当な取り扱いが行われることが要件です。これには差別的な言動や専門性に関する攻撃などが該当します。
  • 心理的な苦痛の発生
    • アカデミックハラスメントによって、被害者が心理的な苦痛を感じることが要件です。研究、教育、学問においての活動が制約され、または妨げられることにより、被害者がストレスや不安を経験することがあります。
  • 学業成績やプロフェッショナルな進展への悪影響
    • アカデミックハラスメントが続くことにより、被害者の学業成績や専門性の進展に悪影響が及ぶことが要件です。これには進学や研究の機会の制限、学業や職業における不利益が該当します。
  • 学問的な自由の侵害
    • アカデミックハラスメントでは、学問的な自由が侵害されることが要件です。被害者が意見やアイデアを自由に表明する機会が妨げられ、または抑制されることがあります。

アカハラ加害者・被害者の心理状態

アカデミックハラスメント加害者の心理状態や特徴

権力の濫用

アカデミックハラスメント加害者は、自らの権力や地位を濫用して、大学や学術機関において他者に対して攻撃的な行動や言動を行います。これには指導者や教員が学生に対して行う場合や、学術的な指導を受ける立場の者に対して行う場合があります。例えば、講義中に部屋から追い出す、学習に必要な資料を与えない、指導しない、論文のチェックをしない、不当に単位を与えない、留年や退学をほのめかすなどがあります。

学問的な対立心理

アカデミックハラスメント加害者は、他者との学問的な対立により攻撃的な態度をとることがあります。異なる学術的意見や研究方針に対して敵対的な態度を示すことが特徴的です。例えば、研究データを破棄する、雑務を押し付けて研究時間を奪う、望まない研究テーマを押し付ける、研究成果やアイディアの盗用などです。

差別的な態度

アカデミックハラスメント加害者は、人格、性別、人種、宗教、性的指向などに基づく差別的な態度を持つことがあります。これは学問的な環境において、多様性を尊重しない態度を示すことが該当します。

アカデミックハラスメント被害者の心理状態や特徴

学業や研究への影響

アカデミックハラスメント被害者は、攻撃的な言動によって学業や研究への集中力が低下し、影響を受けることがあります。これは進学や就職に対する意欲を奪われることさえもあります。

不安と精神的な負担

アカデミックハラスメントに晒されると、被害者は不安や精神的な負担を感じます。これは研究や学問への情熱を損ない、ストレスを引き起こします。特に特定の人物に集中する場合もあり、この場合アカハラを訴えられずに我慢してしまう被害者もいます。

プロフェッショナルな進展への影響

アカデミックハラスメントにより、被害者の専門性への進展が制約されることがあります。学術的なキャリアや雇用において悪影響が及ぼされます。

スメル・ハラスメントの要件(定義)

スメルハラスメント(スメハラ)は、嫌なにおいや香りを使って、他者に対して不快感を引き起こす意図的な行為や状況を指します。スメルハラスメントの要件は次のような特徴です。

スメルハラスメントの要件
  • 不快なにおいや香りの使用
    • スメルハラスメントでは、加害者が気づいていない場合もありますが、多くは意図的に強いにおいや香りを使って、他者に対して嫌悪感や不快感を引き起こす行為が要件です。これは香水や化粧品、香りの強い製品の使用などが該当します。
  • 他者への影響
    • スメルハラスメントは、他者に対して直接的な影響を及ぼすことが要件です。加害者のにおいが、他者の健康や快適な環境に悪影響を与えることが含まれます。
  • 意図的な行為
    • スメルハラスメントは、加害者が意図的に他者に対して強いにおいを発散させる行為であることが要件です。行為が偶発的ではなく、特定の個人やグループを対象としています。

スメハラ加害者・被害者の心理状態

スメルハラスメント加害者の心理状態や特徴

敵対心や攻撃的な意図

スメルハラスメント加害者は、他者に対して敵対心や攻撃的な意図を持って行動します。においを使用することで、他者に不快感を与えることを意図しています。

支配欲やコントロールの欲求

スメルハラスメント加害者は、他者を支配したりコントロールしたりする欲求が強いことがあります。においを使って他者の環境を制約し、快適さを奪うことで支配感を得ようとします。

差別や嫌がらせの意図

スメルハラスメント加害者は、特定の個人やグループを対象にして差別的な行動をとります。特定の属性や特徴に基づいてにおいを使用し、嫌がらせを行うことさえもあります。

スメルハラスメント被害者の心理状態や特徴

不快感や嫌悪感

スメルハラスメント被害者は、加害者の使用するにおいによって不快感や嫌悪感を感じます。これは精神的なストレスや不安を引き起こす要因となります。

集中力の低下

スメルハラスメントに晒されると、被害者の集中力が低下し、職業や学業への影響が生じます。においによる不快感が業務や学習に対する障害となる可能性があります。

対処の難しさ

スメルハラスメント被害者は、においの不快さに対処することが難しくなります。加害者の行動が一過性でない場合、被害者は状況を改善するために対処策を模索することが難しくなります。

心身の健康への悪影響

スメルハラスメントが長期間続くと、心身の健康に悪影響をうける可能性があります。精神的なストレスが身体的な健康問題につながることがあります。

ドクター・ハラスメントの要件(定義)

ドクターハラスメント(ドクハラ)は、医療関連の病院や職場で行われる不当で攻撃的な言動によって、他者が心理的な苦痛を経験する状況を指します。特にドクターなどによる患者への嫌がらせ、あるいは無神経な言動が問題視されています。ドクターハラスメントの要件は次のような特徴です。

ドクターハラスメントの要件
  • 医療関連の職場での不当な取り扱い
    • ドクターハラスメントでは、医療従事者同士や医師と患者、医師と看護師など、医療関連の職場で不当な取り扱いが行われることが要件です。これには差別的な言動、嫌がらせ、不当な要求などが該当します。
  • 心理的な苦痛の発生
    • ドクターハラスメントによって、患者などの被害者が心理的な苦痛を感じることが要件です。医療従事者同士の対立や攻撃的な態度が、患者への心理的な不快感を引き起こす場合もあります。
  • 患者への悪影響
    • ドクターハラスメントがドクターである権威を利用し医療の現場や病院で発生する場合、その行為が患者への医療提供に悪影響を及ぼすことが要件です。特にドクターなどによる患者への嫌がらせ、あるいは無神経な言動が問題視されています。
  • 職場環境の悪化
    • ドクターハラスメントによって、医療関連の職場環境が悪化することが要件です。仕事の効率や連携が損なわれ、職場全体に不安や緊張が広がる可能性があります。

ドクターハラスメント加害者・被害者の心理状態

ドクターハラスメント加害者・被害者の心理状態や特徴

権力の濫用

ドクターハラスメント加害者は、自らの医師や医療的な権力や地位を濫用して、患者や他者に対して攻撃的な言動を行います。権威主義的で支配的な態度が見られます。

プロフェッショナリズムの不足

ドクターハラスメント加害者は、職業倫理やプロフェッショナリズムに欠けています。患者意識の尊重や患者の自己決定の権利の無視、治療への精神が不足し、医療行為の妨げが生じやすくなります

ストレスや不満の転嫁

ドクターハラスメント加害者は、自身のストレスや不満を患者や他者に転嫁することがあります。仕事上のプレッシャーや個人的な問題が、他者に向けられています。

ドクターハラスメント被害者の心理状態や特徴

患者の心理的な苦痛

ドクターハラスメント被害者は、加害者の攻撃的な言動や不必要に不安や不快を感じる言動によってによって心理的な苦痛を負います。これは病気に対するモチベーション低下や精神的な不安を引き起こす可能性があります。特に患者は心身に不調を抱えており、ドクターに対して圧倒的な弱い立場にあるため、ドクターからの理不尽な対応や言動は精神的に苦痛を負うだけでなく治療に対する意欲を失うことや不信感が生ずることもあります。

職業への影響

ドクターハラスメントの医療関係者の被害者は、仕事への影響を受けます。医療のプロセスや連携に支障をきたす可能性があり、患者の安全やケアにも悪影響を及ぼすことがあります。

対人関係の悪化

ドクターハラスメント被害者は、医療関係者の対人関係が悪化することがあります。同僚や上司との信頼関係が崩れ、職場での協力が難しくなる可能性があります。

1 2 3
目次